サイト閉鎖後もバックリンクが増え続けてるドメインは要注意

サイト閉鎖後もバックリンクが増え続けてるドメインは要注意

オールドドメインを探していると、ウェイバックマシンなどで見てる限りサイトが閉鎖されているのにも関わらず、バックリンクが増え続けているドメインがあります。
これは、素晴らしいサイトだったため自然にリンクが増えている場合もありますが、実際はほぼスパム行為を働いている場合が多いです。

サイト閉鎖後もバックリンクが増えているケース

これはほぼすべてリンク生成のスパムだと考えて間違いないです。
ウェイバックマシンで調べてみて、明らかにサイトが閉鎖して404ページなっていたり、ドメインパーキングのページになっている期間にマジェスティクやエイチレフスでバックリンクが増えている傾向があれば、その中古ドメインを取得しても、サーチコンソールに登録したとたん手動ペナルティにあたる可能性があります。

ウェイバックマシンでサイトが終了したタイミングを調べる

ウェイバックマシンでサイトが閉鎖されたおおまかな期間は調べることができます。
404ページがキャプチャされていたり、ドメインパーキングに切り替わったタイミングが閉鎖の目安になります。

マジェスティックで過去90日間のバックリンクの増え方を見る

マジェスティク等でバックリンクが増えた期間とサイトが閉鎖された期間を照合してみて、疑わしいリンクが無いかチェックします。

バックリンクを一つひとつ査定

ここまでクリア出来たら、可能な限りバックリンクを精査してゆきます。
バックリンク参照元URLのトラストフローを見てもいいですし、実際にアクセスしてみてサイトの品質を確かめることも大事です。

とりあえずここまで見ておけばペナルティの確率は結構下がる

上記の手順で疑わしいバックリンクを多く持つオールドドメインは購入対象から外せたと思います。
ペナルティが有るか無いかより本当はSEOに効果があるかを査定しなきゃいけないのですが、まずはペナルティドメインを買ってしまってロスを出さないということが、経済的にも大事なことなんじゃないかと思います。
どうせ、ペナルティ付きのドメインで被リンク対策しても効果は良くてもゼロ、多くの場合はマイナスでしょうから、まず危険なドメインに手を出さないということが重要です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です