オールドドメイン買い方の基礎知識

オールドドメイン買い方の基礎知識

オールドドメインを購入するにあたって、買い方は専門販売店で買うしかないと思ってませんか?
実はSEO価値のあるドメインの購入は多くの方法があるので、一般的な購入方法を紹介します。

ドロップキャッチ

ドロップキャッチやバックオーダーなどという用語の解説は人によって微妙に異なるのですが、僕が正しいと思う説明です。
ドロップキャッチは読んで字のごとく、ドロップ(期限が切れて解放)されたドメインをキャッチ(再取得)する購入方法です。

これは、ドロップ可能なリストを入手する必要があるのが難関ですが、リストを抽出してくれるexpireddomains.netなどのツールを使って取得可能です。

しかし、本当の意味でのドロップキャッチはレジストラのデータベースにアクセスしてドロップリストを先に入手し、再取得してくものですから、基本的にはレジストラと組むなど、仕入れルートを確立させる必要があります。

バックオーダー

ドロップキャッチとほぼ同義語とされるケースもありますが、僕の場合はドロップキャッチをレジストラや専門業者に依頼することとしています。
ある程度大手のドメインレジストラであれば、サービスメニュー中にバックオーダーが含まれていて依頼できるケースもあります。
依頼が重複することもあり、100%取得できるというものではありません。

専門業者から購入

SEO目線で査定されたドメインやプレミアムな名前のドメインを販売している業者から購入することです。
失敗するリスクはある程度減らすことができますが、最大のデメリットは手数料が上乗せされて、高額になりがちなことです。
かと言って3000円くらいで売られているドメインもありますが、SEO対策としてなら僕は使わないレベルのものもあります

海外オークション会場で落札

GoDaddyやNameJetなど海外オークションに参加してプレミアムな名前のドメインを落札・購入することができます。
この場合、品質は優れているケースが多いですが、オークション形式なので高額になったり、海外取引特有のトラブルが起こりやすかったり、初心者には若干ハードルが高めかもしれません。

譲渡・エスクロ―経由

これは単純に「そのドメインもらえますか?」とサイト運営者に持ち掛けることです。
基本的には難しい手法になるかと思います。

エスクロ―とは売買の仲介に入る業者を経由して購入することで、Sedoなどが有名です。
エスクロ―であれば、ドメインを売りたい人が集まるのでそれなりに買いやすいまたは売りやすいです。

以上が一般的に知られているオールドドメインの購入方法です。
例えばGoDaddyのオークションであれば即決オークションでも結構良い中古ドメインが見つかるので、チャレンジしてはいかがでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です