フロアコーティングの有用性

フロアコーティングはフローリングの材木を守るコーティングをすることで、床自体を長期間守る事が出来ます。

通常は定期的なワックスなどでフローリングを守ってきましたが、素材の進化に伴い30年という非常に長い時間床を守ることを可能にしました。

そのメリットは大きく短気施工可能、長期間の高い耐久性、滑りにくくする効果もあります。

長期間保持可能ですので、劣化もしにくく大抵のものは拭き取るだけでケアすることも出来ます。

木材は住宅にとって非常に適した材料ですが、湿気やダメージなどで劣化もしやすいのが特徴です。

それを保護するためのコーティングは昔からありましたが、このコーティングは別格です。

ワックスでは種類によりますが半年に一回の塗り重ねや、5年に一回の完全塗り直しが必要とされています。

頻度を上げる事で床材を良い状態に保っていくわけですね。

ただこの頻度のワックス塗替えは生活者にとって負担となりますし、きちんと行っている人は少ないです。

やはり住宅において、メンテンナスは大変になってくるというわけですね。

その点EPTCOATに代表される新フロアコーティングでは、一度のコーティングで半永久的な効果を期待することが出来ます。

通常のワックスでは、水拭きなどで取れてしまいますが、このEPTCOATでしたら問題ありません。

メンテナンスフリーである、この事は長く生活する設備では非常にメリットが大きいですよね。

キッチンなど水場では非常に効果を発揮し、有効性も示されていますのでお勧めとなっています。

▼おすすめリンクhttp://www.minmi-kk.com/